FC2ブログ

サンダンス映画祭の共同創設者が児童性的虐待で実刑判決を受ける

Published 9 hours ago on September 15, 2020By Arjun WaliaCE Staff Writer
net.jpg

概要

事実:サンダンス映画祭の共同創設者であるスターリング・ヴァン・ヴァーゲン氏は、現在、児童虐待の罪で無期懲役6年の刑に服している。

Reflect On:芸能界、政治界、金融界のエリートの中で、この種の活動に関与している人はどれくらいいるのだろうか?彼らの中には、私たちの "リーダー "や "アイコン "になっている人もいるのでしょうか?

何が起こったのか。昨年、サンダンス映画祭の共同創設者であり、映画監督・プロデューサーであり、サンダンス・インスティテュートの創設エグゼクティブ・ディレクターでもあるスターリング・ヴァン・ヴァーゲンは、児童への性的虐待の罪で有罪判決を受け、無期懲役6年の刑に処せられました。彼が実際に何年服役するかは誰にもわからない。

truthandtransparency.orgによると

ヴァン・ヴァーゲンの息子の友人であるデヴィッドに痴漢をした数日後、スターリング・ヴァン・ヴァーゲンはソルトレイク郡保安官事務所で警察に出頭しました。真実と透明性によって 入手された記録の中で ヴァン・ヴァーゲンは ユタ州プロボのセラピストに 自首するように勧められたと 述べています セラピストの名前は、文字が変更されているか、言及されていませんでしたが、Truth & Transparencyが以前に公開した警察の報告書に記載されていたデビッド・ハムブリンではないかと疑われています。

deadline.comによると

スターリング・ヴァン・ヴァーゲンは、2013年から2015年の間に少女が7歳と9歳の時に2度にわたって少女に触れたことで有罪判決を受けた。判決の判事は法廷で、仮釈放委員会が72歳のヴァン・ヴァーゲンを最低6年の刑期よりも長く服役させることを望んでいると述べた。

なぜ重要なのか:これらの出来事は昨年の出来事ですが、ハリウッドの政界などでは、多くの "注目されている "人々が常にこの種の告発や告発と闘っているという事実を考えると、これらの出来事に注目することはまだ重要だと感じます。例えば、ウォルト・ディズニー・コーポレーションの元副社長である73歳のマイケル・レーニーは、7歳の少女を性的に虐待した罪で投獄されているが、他にも複数のレイプや性的虐待事件で告発されている。その話の詳細はこちらで読むことができます。




ウォルト・ディズニー社の幹部がこの種の行為に関与したのはこれが初めてではない。例えば、2017年には、2000年からディズニーの音楽出版のディレクターを務めていたジョン・ヒーリーが、子供との「淫らで淫らな行為」の容疑で起訴された。彼は11月16日にL.A.郡保安官事務所によって逮捕された。彼は15歳の時と11歳の時に2人の少女に性的虐待をしたと告発されています。 どうやらこの捜査はまだ続いており、最初の陪審員が評決に至らなかった後、彼は2度目の陪審員の審理を受けることになっている。自身が虐待を受けていた人からも、数え切れないほどの例がある。

人気子役女優のベラ・ソーンは2019年のインタビューで、6歳から14歳まで常に性的虐待を受けていたと語り、特にディズニーでの経験を明かした。そのことについては、こちらの記事で詳しく紹介しています。

Netflixは "cuties "と呼ばれる新作映画を宣伝したことで激しい批判を受けています。予告編を見ると、「親指を立てて」のクリック数が150万人をはるかに超えているのがわかります。大多数の人がこの映画が若者の性的嗜好を促進していると考えているようで、ハリウッドや映画業界が一般的にペドフィリアに悩まされていることを助けてはくれません。

テッド・クルス上院議員は手紙の中で、Netflixとキューティーズを調査するよう司法省に求め、タルシ・ガバード上院議員は金曜日に、この映画は "確かに小児性愛者の食欲を刺激し、児童の性売買取引を煽るのに役立つだろう "とツイートした。

0.png

この空間にいる多くの人々は、ペドフィリアを正常化するだけでなく、子供たちを「性的に」するための意図的な意図があったと感じている。この記事では、活動家のエリナ・セント・オンジュが、自分が大切にしている子供が、公共図書館の児童コーナーで見つけた漫画本の形で性的なイメージにさらされているのをどのようにして見つけたかを説明している。

1.png

ここで何が起こっているのか?何か意図があるのか?なぜハリウッドには奇妙なロリコンのシンボルが氾濫しているのか? なぜこれほどまでに多くの業界関係者がこの問題について長い間語り続けてきたのでしょうか?なぜニューヨーク・タイムズのような主流メディアは、ペドフィリアを犯罪とみなすべきではないという考えを広めているのでしょうか?

ペドフィリアや儀式的虐待がエリートレベルで行われているという証拠が増えているのはなぜでしょうか?

もう一つの例としては、複数のメンバーが何かしらの怪しい活動に関与していたNXIVMの事件が挙げられます。億万長者のクレア・ブロンフマンは恐喝容疑で起訴されました。これらの容疑はNXIVMの「オペレーション・ディレクター」としての彼女の役割に関連していた。クレア・ブロンフマンは、カナダ/アメリカの実業家で慈善家でもあるチャールズ・ブロンフマンの娘です。非常にパワフルな人物です。このグループは複数のデイケアともつながっていた。European Psychiatry誌に掲載された論文「The cremation of care ritual: Burning of effigies or human sacrifice murder? The importance of differentiating complex trauma from schizophrenia in extreme abuse settings "と題された論文で、マンチェスター大学の公認職業心理学者(哲学博士(Ph.D.))であるライナー・クルツ博士が説明しています。科学修士(MSc)産業心理学(ハル大学にて

エプスタイン事件の時と同じようにNXIVMに関してもクリントン家のことは言及されている。

ローリングストーン紙が報じた。

"奇妙な政治的つながりもある。ドキュメンタリー映画作家で元グループの高位メンバーであるマーク・ビセンテは、NXIVMのトップであるキース・ラニエールの裁判で、億万長者シーグラムの相続人であり、組織の恩恵を受けているとされるクレア・ブロンフマンが、クリントンの選挙運動への献金に協力するために、彼と他の数人のメンバーに声をかけたと証言している。" (出典)

European Psychiatry』誌に掲載された論文「介護の火葬儀礼:葬儀の焼却か、人間の生贄殺人か」は、「複雑なトラウマと統合失調症を区別することの重要性」と題している。と題する論文が発表されました。"The importance of differentiating complex trauma from schizophrenia in extreme abuse settings "と題されたライナー・クルツ博士の説明によると、マンチェスター大学の公認職業心理学者(哲学博士(Ph.D.)、ハル大学の産業心理学修士(MSc))でもあります。科学修士(MSc)産業心理学(ハル大学))も同様にこの現実を強調しています。

調査の結果、1989年にフランクリン・スキャンダルが起き、何百人もの子供たちがアメリカ国内を飛び回り、「エスタブリッシュメント」の高官によって虐待を受けていたことが明らかになりました。ネブラスカ史上最も有能な議員の一人と称された元州議会議員のジョン・W・デキャンプ氏は、現在、虐待被害者2人の弁護人を務めている。15歳の少女は、9歳の頃から虐待を受けていたことを明かし、生まれたばかりの女の子、小さな男の子(後にフライにされて食べられた)、他の3人の「儀式殺人」にさらされていたことを明らかにした。

深い話題であり、この記事で紹介されていることは氷山の一角ですらない。もしあなたがもっと深く知りたいのであれば、以下のインタビューを見ることをお勧めします。

生存者へのインタビュー

アンケ・ルーカスは、作家であり、講演者であり、児童性売買被害者の擁護者であり、非営利団体「解放プリズンヨガ」の創設者であり、「無条件モデル」の考案者でもあります。

彼女の仕事は、12歳になる前に人類が知る限り最悪の残虐行為のいくつかを生き抜いた後、心身の健康を取り戻すために30年の旅をしてきたことに基づいています。幼い頃に家族から殺人的なロリコンネットワークに売られた彼女は、6年近くの虐待と拷問の後に救出されました。

彼女にインタビューを行いました。非常に長くて詳細なインタビューだったので、以下に4部シリーズのクリップを掲載します。CETVは、インターネットの検閲に対抗するためのプラットフォームであり、私たちが仕事を続け、様々な問題やトピックについての情報を発信していくためのプラットフォームです。



The Takeaway

世界的な金融エリート(大政翼賛会、企業、ハリウッド、王室、大権力者、バチカンなどの様々なメンバー)が「精神病的行動」をとっていることを示す証拠がたくさんあります。でも本当に驚いていますか?世界とそのシステム、そして人類を取り巻くあらゆる側面を見てみてください。大規模な洗脳の結果、私たちはそれに全く気づかないのです。それでも、多くの場合、私たちはこれらのシステムを支持し、立ち上がると、他の方法を受け入れません。かなり知的な人であれば、少し調べればわかるはずのことを、私たちは認めないのです。

アンネケ・ルーカスへのインタビューをご覧になれば、気が滅入るような題材であるにもかかわらず、このようなことから出てくる非常にポジティブで高揚感のあるメッセージがあることがお分かりいただけると思います。人身売買と児童虐待は、毎年何百万人もの魂を傷つけ、その多くが子供であるため、私たちの世代で最も語られていない物語です。

私たちは、このようなことがエリートレベルで行われており、最も「著名な」権力者の一部によって行われているという事実にゆっくりと折り合いをつけようとしています。それについて話す時が来ました、そして、より多くの質問をする時が来ました。情報公開を続けましょう。
スポンサーサイト



NHT Corporation NHT Global Japan ©2020 All Right Reserved

Pagination

Comment

Post Your Comment

コメント登録フォーム
公開設定

Utility

プロフィール

qtaro358

Author:qtaro358
Seek wisdom, not knowledge. Knowledge is a product of the past, but wisdom brings the future.

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

ブログランキング

Quantum358's Blog - にほんブログ村